連盟情報

会長挨拶

公益財団法人 日本水泳連盟 会長 青木 剛
公益財団法人
日本水泳連盟
会長 青木 剛

会長就任にあたって

この度、鈴木大地会長のスポーツ庁長官就任に伴う会長職辞任を受け、理事会の推挙により、本連盟会長を拝命することになりました。歴史と伝統ある本連盟の会長を務めさせて頂けることは大変名誉なことであるとともに、その責任の重さに身が引き締まる思いです。つきましては、皆さまのお力をお借りして、日本水泳界をより一層発展させるべく微力ながら全力を尽くす所存です。引き続き、温かいご理解とご支援を賜りますよう、お願い申し上げます。

平成27年度・下期事業計画推進に向けて

リオデジャネイロ・オリンピックまで1年、その先の2020年東京オリンピックまであと5年を切りました。日本水泳界は、“センターポールに日の丸を!”をスローガンに、世界への挑戦を続けます。

競泳は金メダル3個を獲得した「世界水泳選手権大会(ロシア・カザン)」をはじめ、「ユニバーシアード大会(韓国・光州)」や「世界ジュニア選手権大会(シンガポール)」など、日本代表を派遣した国際大会における戦績・戦力分析を進め、世界の頂点を目標とした挑戦を継続します。飛込は世界レベルへの実力アップを第一目標に、若手の発掘・育成にも注力します。水球は目前に迫った12月の「リオデジャネイロ・オリンピック大陸予選」において、悲願のオリンピック出場を目指します。シンクロは世界選手権でメダルを奪還した勢いを維持し、リオデジャネイロ・オリンピックにおけるメダル奪還を目標に徹底的な強化に取り組みます。OWSはトップ選手の強化と並行し、2020年対策としての国体正式種目決定に伴う国内競技会の充実、次世代選手の発掘・強化育成を継続します。

競技運営事業では、東京オリンピックに向けた競技役員の育成や国際審判員の養成など、運営面の経験値を高める施策を推進します。指導者養成事業では、スポーツ現場における暴力行為等の根絶に向けた資質向上、量的拡大につながる取り組みを実施します。総務事業では、日本水泳界の統括組織として全国的な視野に立って関係機関・団体等との連携強化・協働を図り、自主財源の確立、マーケティング活動の推進に取り組みます。生涯スポーツ普及事業では、8月14日に初開催した『水泳の日』事業を継続し、水泳競技の普及と発展、水泳競技を通じた社会貢献活動を推進します。

平成27年度下期は期首に計画した各事業を滞りなく推進し、日本水泳界の更なる成長発展のために努力して参ります。加盟団体をはじめ関係者の皆さまには、より一層のご理解とご支援を賜りますよう心からお願い申し上げます。

連盟情報

会長挨拶
日本水泳連盟会長によるご挨拶です。
評議員一覧・役員名簿・組織図
評議員一覧・役員名簿・組織図を掲載しています。
財務状況
財務に関する各種資料をPDFデータにてダウンロード頂けます。
事業計画・報告
事業計画・報告に関する資料をPDFデータにてダウンロード頂けます。
定款・規則・規程・ガイドライン・各種資料・選手・コーチの皆さんへ
定款・規則・規程・ガイドライン・各種資料をPDFデータにてダウンロード頂けます。
委員会
日本水泳連盟を構成する各委員会の情報はこちらからご確認ください。
加盟団体
日本水泳連盟に加盟している団体の情報はこちらからご確認ください。
公認企業・推薦企業
日本水泳連盟により公認又は推薦された企業・商品の一覧をご確認頂けます。
アンチ・ドーピング
アンチ・ドーピングに関する案内資料をダウンロードいただけます。
公認プール
日本水泳連盟に認可されたプールを全国から探すことができます。
各種申請書
各種競泳施設に関する申請書のダウンロードを行なうことができます。
アクセス
日本水泳連盟にお越しの方はこちらはご参照ください。
免税募金
日本水泳連盟の免税募金取扱い情報をご確認頂けます。
有功章
日本水泳連盟の『有功章』受賞者名簿を年別にご確認いただけます。
  • 月刊水泳
  • 速報サービス・リザルトRESULTS
  • 競技結果検索
  • 競技者登録・エントリー
  • リザルトシステム・記録証システム・賞状システム

ピックアップ

  • 薬の相談窓口
    お気軽にご相談ください(24時間受付)
  • 月刊水泳
  • ニチレイチャレンジ泳力検定
  • スイムレコードモバイル
  • センターポールに日の丸を 〜先輩たちからの言葉〜
  • 危機管理マニュアル

日本代表公式サイト

  • トビウオジャパンブログ
  • 翼ジャパンブログ
  • ポセイドンジャパン
  • マーメイド日記
  • FINA
  • ASIA Swimming Federation
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • スポーツくじ toto BIG
  • ドリームプロジェクト2020
  • 2020年を未来が記憶する素晴らしい年にしよう
  • JAPAN SPORT
    本連盟の強化事業は、独立行政法人日本スポーツ振興センター競技力向上事業助成金を受けて実施されています

ページトップ