泳力検定

推薦の声

水泳能力の原点ともいえる泳力検定は日本を代表する多くのスイマーが応援してくれています。
すばらしい記録を打ち立てオリンピックなどの晴れ舞台で活躍したみなさんも「初めの第一歩」は25mを泳ぎ切ったあの「決して速くはなかった」ファーストタイムだったのです。
さあ、あなたもまずチャレンジしてみましょう。

  • 自分の能力をどう生かせるか

    【岩崎恭子さん】バルセロナ・オリンピック金メダリスト

    岩崎恭子

    水泳は強くなることも大切ですが、まずは最も身近なスポーツとして健康づくりに役立てることも忘れてはいけません。私も親の勧めもあって体を丈夫にするために小さい頃から泳ぎ始めました。そのためにも、泳力検定はしっかり目標を持って自分の能力をどう生かせるか考えながら努力できます。積極的に挑戦してください。

  • 成長のバロメーター

    【柴田亜衣さん】アテネ・オリンピック金メダリスト

    柴田亜衣

    私は3歳から泳ぎ始めましたが、やはり記録の向上というのは、最も励みになるものです。選手を目指す目指さないにかぎらず、泳力検定は自分の成長のバロメーターとして共に歩んでいけるよきパートナーになるのではないでしょうか。それだけに多くのみなさんの積極的なチャレンジを期待しています。

  • 志を高く

    【萩原智子さん(山梨学院大学)】シドニー・オリンピック200M背泳ぎ、個人メドレー代表

    萩原智子

    私は小学2年生の時に海でおぼれたのがきっかけで水泳を始めました。そして、バルセロナオリンピックで岩崎恭子さんが金メダルを獲得したのを見てオリンピックが目標となりました。志を高くもって一生懸命練習することは大切なことです。泳力検定という目標のもと、小手先でなく体全体を使い大きく泳ぐことで進級を目指してください。

  • 【田中雅美さん】スポーツコメンテーター/シドニーオリンピック銅メダリスト

    田中雅美

    初めて大会に出場したのは小学二年生。25m自由形、21秒でした。その日から、タイムを縮める喜びと水泳仲間との出会いがモチベーションとなり、長い間現役を続けることが出来ました。泳力検定にどんどんチャレンジして、日々の練習の成果を実感して欲しいと思います。それが、水泳の楽しさや、仲間との出会い、また、目標をクリアしていく達成感を感じることで、健康的にイキイキとした暮らしにつながっていくことと思います。

  • 挑戦する『魂』を大切に!!

    【近内圭太郎さん】アトランタオリンピック100m背泳ぎ代表

    近内圭太郎

    水泳は生まれてから生涯を終えるまで続けられる唯一のスポーツであると思います。老若男女問わず、いつでも誰でも夢を持つ権利があります。その夢をひとりでも多くの人が叶えるように、チャレンジし続けて欲しいと思います。泳力検定を通じて「生涯の仲間」と「挑戦する魂」を持ち続けてください。

  • ニチレイ商品紹介
  • 速報サービス・リザルトRESULTS
  • 競技結果検索
  • 競技者登録・エントリー
  • リザルトシステム・記録証システム・賞状システム

ピックアップ

  • 薬の相談窓口
    お気軽にご相談ください(24時間受付)
  • 月刊水泳
  • ニチレイチャレンジ泳力検定
  • スイムレコードモバイル
  • センターポールに日の丸を 〜先輩たちからの言葉〜
  • 危機管理マニュアル

日本代表公式サイト

  • トビウオジャパンブログ
  • 翼ジャパンブログ
  • ポセイドンジャパン
  • マーメイド日記
  • FINA
  • ASIA Swimming Federation
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • スポーツくじ toto BIG
  • ドリームプロジェクト2020
  • 2020年を未来が記憶する素晴らしい年にしよう
  • JAPAN SPORT
    本連盟の強化事業は、独立行政法人日本スポーツ振興センター競技力向上事業助成金を受けて実施されています

ページトップ