トピックス
  • トップ
  • トピックス
  • 【シンクロ】シンクロナイズドスイミング日本代表記者会見&公開練習が行われました

トピックス詳細

【シンクロ】シンクロナイズドスイミング日本代表記者会見&公開練習が行われました

2017年02月15日

2017年、ハンガリー・ブダペストで行われる第17回世界水泳選手権の日本代表メンバーによる公開練習と、日本代表記者会見が行われました。

公開練習では、デュエット、チーム、ミックスデュエットと各パートに別れてそれぞれ練習に励んでいました。アジア水泳選手権からスタートした新チームでしたが、あらためて基礎練習から体力作りに励み、演技の細部へのアプローチを入念に行っています。

記者会見では、ミックスデュエットのふたりを合わせた代表選手が勢揃いし、今シーズンに向けた豊富を語ってくれました。

「世界中で選手の入れ替えが行われるなかで、日本も同じように選手の入れ替えがあり、6人が新しく加入した選手です。メンバーが大きく変わったとしても、日本の技術力が世界でも優れていることを示せること。これが今年の大きな課題だと考えています」(井村雅代ヘッドコーチ)

「4月に行われるジャパンオープンは新チームになり、緊張感のあるなかで練習してきたものを出し切れるようにしたいと思います。荒削りであっても、挑戦する気持ちを忘れず、世界水泳選手権に弾みをつけられる演技をしたいです」(乾友紀子選手)

「ジャパンオープンでは、正式種目として参加できることになったミックスデュエットで、2年前よりも良い演技を皆さんに見せられるようにしたいと思います」(花牟礼雅美ミックスデュエットコーチ)

「正式種目として採用された、最初のジャパンオープンで、7月の世界水泳選手権につながる良い演技ができるように頑張ります。男女の違いが良いかたちで見せられるように泳げるように練習していきます」(足立夢実選手)

しなやかでありながら、力強さも兼ね備えた水中での美を競うシンクロナイズドスイミング。世界の頂点で美しさを表現する選手たちへのご声援をよろしくお願いします。

※写真1:夏に向けて井村ヘッドコーチの指導にも熱が入る
※写真2:ミックスデュエットのふたりも演技を見直しながら練習に励む
※写真3:代表選手たちは2月から早くも遠征に出発して経験を積む予定だ

  • JAPAN SWIM 2017
  • 速報サービス・リザルトRESULTS
  • 競技結果検索
  • 競技者登録・エントリー
  • リザルトシステム・記録証システム・賞状システム

ピックアップ

  • 薬の相談窓口
    お気軽にご相談ください(24時間受付)
  • 月刊水泳
  • 公認グッズ
  • ニチレイチャレンジ泳力検定
  • スイムレコードモバイル
  • センターポールに日の丸を 〜先輩たちからの言葉〜

日本代表公式サイト

  • トビウオジャパンブログ
  • 翼ジャパンブログ
  • ポセイドンジャパン
  • マーメイド日記
  • FINA
  • ASIA Swimming Federation
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • スポーツくじ toto BIG
  • ドリームプロジェクト2020
  • 2020年を未来が記憶する素晴らしい年にしよう
  • JAPAN SPORT
    本連盟の強化事業は、独立行政法人日本スポーツ振興センター競技力向上事業助成金を受けて実施されています

ページトップ