トピックス

トピックス詳細

【競泳】JAPAN OPEN2017 前日公式練習が行われました

2017年05月18日

5月19〜21日の3日間、東京辰巳国際水泳場で開催されるJAPAN OPEN2017。18日には、前日の公式練習が行われ、選手たちは泳ぎと感覚の最終確認をしていました。

4月の日本選手権でハンガリー・ブダペスト世界水泳選手権の代表が決定した17人(入江陵介選手/イトマン東進 はアメリカでのトレーニングのため欠場)は、『Team JAPAN』として今大会に出場します。

「良い練習を詰めているので、個人メドレーでは自己ベストに近い記録が出せるようにしたいですし、夏につながるようなレースができるように頑張ります」(瀬戸大也選手/JAPAN)

「4月に優勝した400m個人メドレーでは、しっかりとしたレースをすることはもちろん、200m個人メドレーでも日本記録に少しでも近づける泳ぎを目指します」(大橋悠依選手/JAPAN)

「疲れはありますが、今できる最高のパフォーマンスをしたいと思っていますし、100m、200mともにハイレベルなレースになると思いますから、夏の世界水泳選手権につながる泳ぎをしたいと思っています」(渡辺一平選手/JAPAN)

今大会は、海外からも多くのトップスイマーが集結。イギリスは世界水泳選手権の代表選手全員が参戦し、オーストラリアからも多くの選手が来日しています。

3日間というスケジュールながら、連日高いレベルのレースが期待されます。選手たちへのご声援をよろしくお願いします。

※写真1:泳ぎの確認に余念のない瀬戸選手
※写真2:大橋選手もアップの感覚は良いと表情は明るい
※写真3:渡辺選手はリラックスした表情で泳ぎを確認

  • 月刊水泳
  • 速報サービス・リザルトRESULTS
  • 競技結果検索
  • 競技者登録・エントリー
  • リザルトシステム・記録証システム・賞状システム

ピックアップ

  • 薬の相談窓口
    お気軽にご相談ください(24時間受付)
  • 月刊水泳
  • ニチレイチャレンジ泳力検定
  • スイムレコードモバイル
  • センターポールに日の丸を 〜先輩たちからの言葉〜
  • 危機管理マニュアル

日本代表公式サイト

  • トビウオジャパンブログ
  • 翼ジャパンブログ
  • ポセイドンジャパン
  • マーメイド日記
  • FINA
  • ASIA Swimming Federation
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • スポーツくじ toto BIG
  • ドリームプロジェクト2020
  • 2020年を未来が記憶する素晴らしい年にしよう
  • JAPAN SPORT
    本連盟の強化事業は、独立行政法人日本スポーツ振興センター競技力向上事業助成金を受けて実施されています

ページトップ