トピックス

トピックス詳細

第81回日本高等学校選手権水泳競技大会

2013年08月20日

熱戦が繰り広げられたインターハイも最終日。「100mだけは譲れない」と強い気持ちで臨んだ安江貴哉選手(豊川高)が、100mバタフライを53秒08で制しました。狙っていた高校記録には届かず「タイムがいまいちなので悔しいですが、優勝できたことは満足です」と話しました。世界水泳選手権代表の渡部香生子選手(武蔵野高)は、100m平泳ぎで安定した力を見せて1分08秒58で優勝。「8秒台もそこまで悪くないタイム。前向きにとらえたい」と話し、明るい表情を見せていました。
そして女子の400mフリーリレーは、埼玉栄高校と豊川高校の勝ったほうが総合優勝、という命運をかけた戦いとなりました。序盤は100m自由形で優勝した石森瑞奈選手要する埼玉栄が飛び出し、豊川が少し遅れる展開。最終泳者に引き継いだ時点で、埼玉栄が2位、豊川が4位。ここから一気に差を詰めた豊川の最終泳者、森山幸美選手が埼玉栄を100分の9秒で逆転して3位に食い込み、埼玉栄は5位。ここで女子総合優勝を決めた豊川が、男女ともに総合優勝を果たしました。
4日間、長崎で熱戦を繰り広げた高校生たちへのご声援、ありがとうございました。明日からは、第53回全国中学校水泳競技大会が静岡で行われますので、引き続き若い力へのご声援をよろしくお願いいたします。

  • スタートの段階指導
  • 世界水泳2022
  • 速報サービス・リザルトRESULTS
  • 競技結果検索
  • 競技者登録・エントリー
  • リザルトシステム・記録証システム・賞状システム

ピックアップ

  • 薬の相談窓口
    お気軽にご相談ください(24時間受付)
  • FINA 世界水泳 FUKUOKA 2022
  • ニチレイチャレンジ泳力検定
  • スイムレコードモバイル
  • 水泳ニッポン・中期計画2017-2024
  • 危機管理マニュアル
  • 水泳の日
  • 月刊水泳

日本代表公式サイト

  • トビウオジャパンブログ
  • 翼ジャパンブログ
  • ポセイドンジャパン
  • マーメイド日記
  • FINA
  • ASIA Swimming Federation
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • スポーツくじ toto BIG
  • センターポールに日の丸を〜先輩たちからの言葉〜
  • 2020年を未来が記憶する素晴らしい年にしよう
  • JAPAN SPORT
    本連盟の強化事業は、独立行政法人日本スポーツ振興センター競技力向上事業助成金を受けて実施されています
  • 資料・各種申請書
  • 日本水泳連盟 旧サイト
  • OWSエントリー

ページトップ