トピックス

トピックス詳細

【競泳】第94回日本選手権水泳競技大会競泳競技 競泳競技 5日目

2018年04月07日

大会も終了の足音が聞こえてきました。6日目を迎えた第94回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(東京・東京辰巳国際水泳場)。代表争いが激しさを増すなか、この日も日本新記録が誕生しました。

女子100m自由形の準決勝。池江璃花子選手(ルネサンス亀戸)が、前半の50mから自身が持つ日本記録を0秒36上回るタイムで泳ぎます。後半もスピードは衰えることなく、53秒46の日本新記録を樹立。全体の1位で決勝に進出しました。

「準決勝から日本記録が出るとは思っていませんでした。でもベストも出ましたし、決勝ではもう少しタイムを上げて泳ぎたいと思います」(池江選手)

この日の決勝種目は全部で3つ。

ひとつ目は女子200mバタフライ。注目は、世界水泳選手権代表の長谷川涼香選手(東京ドーム/日本大学)と牧野紘子選手(東京ドーム/早稲田大学)に集まりました。
長谷川選手が周囲の期待に応えるようにして前半の100mを1分00秒97で折り返します。ここから後半、持ち味を生かしてスピードに乗るかと思われた矢先、するすると抜け出してきたのは3レーンの持田早智選手(ルネサンス幕張/日本大学)でした。
150mをターンした後、長谷川選手を浮くと、最後までテンポを落とさずに泳ぎ切って2分08秒61の自己ベストで初優勝を果たしました。

「2年間、苦しい時間を過ごしてきましたが、諦めずに練習を頑張ってきた成果が出せて、優勝できて本当にうれしいです」(持田選手)

ふたつ目の決勝種目は、男子200m背泳ぎ。100mまでは入江陵介選手(イトマン東進)とほぼ変わらないスピードで、砂間敬太選手(イトマン東進)が食らいついていきます。
150mのあたりから徐々に入江選手が前に出始め、残り25mでテンポを上げた入江選手が1分55秒92で優勝。この種目、11回目の優勝を果たしました。砂間選手も後半粘りに粘り、1分56秒72で2位に入りました。

「自分のレースのことだけに集中して泳ぎました。泳いでいて気持ちよかったですし、タイムはもう少し出したかったですけど、安定した泳ぎができました」(入江選手)

3つ目、この日最後の決勝種目は、注目度の高い男子200m平泳ぎ。世界水泳選手権メダリストの小関也朱篤選手(ミキハウス)と渡辺一平選手(早稲田大学)のふたりの対決に注目が集まりました。
前半は、高いスピードを持つ小関選手が先行。100mから少しずつペースを上げた渡辺選手が150mのターンで逆転しますが、ラスト25mに迫ったところで、小関選手が再度渡辺選手を逆転。2分08秒45で優勝し、今大会3冠を飾りました。渡辺選手は2位でしたが、2分08秒86というレベルの高い記録をマークしています。

「様々な思いもありましたが、諦めずに踏ん張って頑張ってきて良かったです。家族にも本当に支えてもらって、感謝しかありません」(小関選手)

4月8日の日曜日、いよいよ最終日です。日本一、そして世界への切符を懸けた戦いも佳境を迎えます。
最大限の持てる力を出し切り、粘り強く、最後まで戦い抜く選手たちへのご声援をお願いします。

写真1:この日も日本記録を更新した池江選手
写真2:男子200m背泳ぎでは入江選手が危なげなく優勝
写真3:小関選手は2年連続で3冠を達成

  • 飛び込みの段階指導
  • 競泳パンパシ水泳2018
  • 受動喫煙防止
  • 速報サービス・リザルトRESULTS
  • 競技結果検索
  • 競技者登録・エントリー
  • リザルトシステム・記録証システム・賞状システム

ピックアップ

  • 薬の相談窓口
    お気軽にご相談ください(24時間受付)
  • 月刊水泳
  • ニチレイチャレンジ泳力検定
  • スイムレコードモバイル
  • 水泳ニッポン・中期計画2017-2024
  • 危機管理マニュアル

日本代表公式サイト

  • トビウオジャパンブログ
  • 翼ジャパンブログ
  • ポセイドンジャパン
  • マーメイド日記
  • FINA
  • ASIA Swimming Federation
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • スポーツくじ toto BIG
  • センターポールに日の丸を〜先輩たちからの言葉〜
  • 2020年を未来が記憶する素晴らしい年にしよう
  • 日本水泳連盟 旧サイト
  • OWSエントリー
  • JAPAN SPORT
    本連盟の強化事業は、独立行政法人日本スポーツ振興センター競技力向上事業助成金を受けて実施されています

ページトップ