トピックス

トピックス詳細

【競泳】第1回アジアマスターズ 兼 第35回日本マスターズ 最終日

2018年07月16日

 12日から愛知県名古屋市の日本ガイシアリーナで開催されていた第1回アジアマスターズ水泳選手権大会 兼 第35回日本マスターズ水泳選手権大会は16日、最終日が開かれました。
アジア水泳連盟、日本水泳連盟、日本マスターズ水泳協会の主催で行われたこの大会には、日本から5,208人、アジア11ヵ国から250人の合計5,458人がエントリー。男女それぞれ5歳刻みの年齢区分(最高齢100歳以上)で競技が行われました。
5日間の大会では、後半に好記録が続出。女子80歳区分の大崎喜子さん(ST関西、80歳)が50m、100m自由形、50m背泳ぎの個人3種目と、200mフリーリレー、200mメドレーリレーの各第1泳者で2種目の、計5種目で世界記録を突破する快挙で、通算の世界記録突破数を252回に伸ばしました。
大会5日間を通じ、世界記録突破13個、日本記録突破63個がマークされました。また、招集所やレース後、ファンゾーンなどで日本人選手と外国人選手の交流するシーンも見られ、アジアで初めてのマスターズ水泳大会は大成功で幕を閉じました。


キャプション
1 世界記録突破数を通算252回に伸ばした大崎喜子さん
2 世界最高齢泳者、104歳の長岡三重子さん
3 好記録続出で、緊張した雰囲気の中でレースが行われた

  • 飛び込みの段階指導
  • 競泳パンパシ水泳2018
  • 受動喫煙防止
  • 速報サービス・リザルトRESULTS
  • 競技結果検索
  • 競技者登録・エントリー
  • リザルトシステム・記録証システム・賞状システム

ピックアップ

  • 薬の相談窓口
    お気軽にご相談ください(24時間受付)
  • 月刊水泳
  • ニチレイチャレンジ泳力検定
  • スイムレコードモバイル
  • 水泳ニッポン・中期計画2017-2024
  • 危機管理マニュアル

日本代表公式サイト

  • トビウオジャパンブログ
  • 翼ジャパンブログ
  • ポセイドンジャパン
  • マーメイド日記
  • FINA
  • ASIA Swimming Federation
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • スポーツくじ toto BIG
  • センターポールに日の丸を〜先輩たちからの言葉〜
  • 2020年を未来が記憶する素晴らしい年にしよう
  • JAPAN SPORT
    本連盟の強化事業は、独立行政法人日本スポーツ振興センター競技力向上事業助成金を受けて実施されています
  • 資料・各種申請書
  • 日本水泳連盟 旧サイト
  • OWSエントリー

ページトップ