トピックス
  • トップ
  • トピックス
  • 世界ジュニア代表組が力を見せつけて優勝 <第73回国民体育大会AS競技>

トピックス詳細

世界ジュニア代表組が力を見せつけて優勝 <第73回国民体育大会AS競技>

2018年09月10日

<第73回国民体育大会AS競技>
[AS](石川県・金沢プール)
明治150年記念大会である、今年の第73回国民体育大会が水泳競技が開幕。最初はアーティスティックスイミング(AS)競技からスタート。

AS競技はデュエットのテクニカルルーティン(TR)とフリールーティン(FR)の合計得点で争われた。

TRでは、世界ジュニアAS選手権代表でもある長野県の藤原茉那、和田彩未のペアが83.6366を獲得してトップ。
FRでもリズミカルに、そして高い同調性と演技力を披露したふたりは85.7667をマークし、合計169.4033ポイントで優勝を果たした。

2位は合計166.0194の京極おきなと細川朝香の大阪府ペア。東京都の吉田理恵、鈴木ひかりのペアは合計161.2527を獲得して3位に入った。

ASからスタートした第73回国民体育大会は、明日11日からは水球競技が開幕する。

※写真1:国際大会代表組が優勝を果たす
※写真2:高い同調性と演技力でポイントを伸ばした長野県
※写真3:大阪府は惜しくも長野県のふたりに届かず2位

  • 飛び込みの段階指導
  • 競泳パンパシ水泳2018
  • 受動喫煙防止
  • 速報サービス・リザルトRESULTS
  • 競技結果検索
  • 競技者登録・エントリー
  • リザルトシステム・記録証システム・賞状システム

ピックアップ

  • 薬の相談窓口
    お気軽にご相談ください(24時間受付)
  • 月刊水泳
  • ニチレイチャレンジ泳力検定
  • スイムレコードモバイル
  • 水泳ニッポン・中期計画2017-2024
  • 危機管理マニュアル

日本代表公式サイト

  • トビウオジャパンブログ
  • 翼ジャパンブログ
  • ポセイドンジャパン
  • マーメイド日記
  • FINA
  • ASIA Swimming Federation
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • スポーツくじ toto BIG
  • センターポールに日の丸を〜先輩たちからの言葉〜
  • 2020年を未来が記憶する素晴らしい年にしよう
  • JAPAN SPORT
    本連盟の強化事業は、独立行政法人日本スポーツ振興センター競技力向上事業助成金を受けて実施されています
  • 資料・各種申請書
  • 日本水泳連盟 旧サイト
  • OWSエントリー

ページトップ