トピックス
  • トップ
  • トピックス
  • 男子高飛込、女子飛板飛込とも決勝進出ならず<FINA飛込ワールドシリーズ最終日>

トピックス詳細

男子高飛込、女子飛板飛込とも決勝進出ならず<FINA飛込ワールドシリーズ最終日>

2019年03月03日

FINAダイビングワールドシリーズ相模原大会最終日は3日、神奈川県のさがみはらグリーンプールでミックスシンクロ3m飛板飛込と、男子高飛込、女子3m飛板飛込の準決勝・決勝が行われた。

ミックスシンクロ3m飛板飛込の西田玲雄(桃山学院高校)・宮本葉月(土佐女子高校)組は、2人での最高得点をマークしたが、8チーム中最下位だった。
「自己ベストは出せたが、高さ、難易率でトップチームに劣っているので、ここをもっと磨きたい」(西田)

男子高飛込準決勝には、大きな国際大会初出場の大久保柊(筑波大学)が挑戦。自己ベスト得点をマークしたものの、6人中5位で決勝に進めなかった。
「初めてなので緊張したが、自分なりの試合ができたのは大きな収穫だった。トップ選手の体力、技術を見ることができたので今後に生かしたい」(大久保)

女子3m飛板飛込の準決勝に出場した三上紗也可(米子南高校)は、1本目のミスが響き、最下位の6位で決勝進出はならなかった。
「自己ベストが出れば何とかなると思っていましたが、1本目に失敗してしまったのが大きかった。まだまだだと思うので、世界選手権に向けてもっと練習したい」(三上)


なお、この大会すべての種目で中国選手が優勝した。


※写真1:ミックスシンクロ3m飛板飛込の西田・宮本
※写真2:女子3m飛板飛込での三上の演技
※写真3:大久保は男子高飛込で自己ベストをマーク

  • スタートの段階指導
  • JAPEN OPEN 2019東京
  • 水泳の日 2019
  • 速報サービス・リザルトRESULTS
  • 競技結果検索
  • 競技者登録・エントリー
  • リザルトシステム・記録証システム・賞状システム

ピックアップ

  • 薬の相談窓口
    お気軽にご相談ください(24時間受付)
  • 月刊水泳
  • ニチレイチャレンジ泳力検定
  • スイムレコードモバイル
  • 水泳ニッポン・中期計画2017-2024
  • 危機管理マニュアル
  • 水泳の日

日本代表公式サイト

  • トビウオジャパンブログ
  • 翼ジャパンブログ
  • ポセイドンジャパン
  • マーメイド日記
  • FINA
  • ASIA Swimming Federation
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • スポーツくじ toto BIG
  • センターポールに日の丸を〜先輩たちからの言葉〜
  • 2020年を未来が記憶する素晴らしい年にしよう
  • JAPAN SPORT
    本連盟の強化事業は、独立行政法人日本スポーツ振興センター競技力向上事業助成金を受けて実施されています
  • 資料・各種申請書
  • 日本水泳連盟 旧サイト
  • OWSエントリー

ページトップ