トピックス
  • トップ
  • トピックス
  • 200mバタフライで瀬戸が派遣標準記録を突破して4度目の優勝を果たす <第95回日本選手権水泳競技大会 競泳競技>

トピックス詳細

200mバタフライで瀬戸が派遣標準記録を突破して4度目の優勝を果たす <第95回日本選手権水泳競技大会 競泳競技>

2019年04月05日

[競泳]4日目(東京・辰巳)
夏に行われる2大世界大会(世界水泳選手権・ユニバーシアード競技大会)の代表選考会を兼ねて行われている、第95回日本選手権水泳競技大会 競泳競技(JAPAN SWIM 2019)。大会4日目の競技が終了した。

男子200mバタフライで、瀬戸大也(ANA/JSS毛呂山)が派遣標準記録を突破する好レースを見せた。

前半は周囲とほぼ変わらないペースだったものの、ラスト50mに入ってスパートをかけた瀬戸は、周囲との差を一気に広めていく。最後は2位以下に1秒56の差をつける1分54秒44で優勝。この種目、3年ぶり4度目の優勝を果たした。

「もっと前半からいかないと、世界では勝負ができません。代表権は獲得できているので、これからのレースでは後半きつくなることを恐れずに前半から攻めて、世界と戦えるタイムを出していきたいと思います」(瀬戸)

女子50m背泳ぎの決勝は、100mで唯一1分を切って優勝した酒井夏海(スウィン美園/武南高校)が、スタートから飛び出して28秒18で優勝を果たす。

男子800m自由形では、前半からレースを引っ張った江原騎士(自衛隊/フィッツ竜王)と吉田啓祐(日本大学)を400mから徐々に追い詰めていき、ラスト100mで一気に抜き去った平井彬嗣(郵船ロジスティクス)が、7分55秒85でこの種目初優勝を飾った。

この日は4種目の準決勝が行われ、男子100m自由形では中村克(イトマン東進)が48秒44で、女子200mバタフライでは長谷川涼香(東京ドーム/日本大学)が2分07秒21、女子100m自由形は大本里佳(イトマン)が54秒34、そして男子200m個人メドレーでは瀬戸が1分58秒44で、それぞれトップで決勝に進出した。

※写真1:世界水泳選手権代表内定を手にした瀬戸
※写真2:酒井は記録には不満が残るものの50m背泳ぎを制する
※写真3:男子800m自由形は平井が初優勝

  • スタートの段階指導
  • 水泳の日 2019
  • 世界水泳メダリスト集結
  • 速報サービス・リザルトRESULTS
  • 競技結果検索
  • 競技者登録・エントリー
  • リザルトシステム・記録証システム・賞状システム

ピックアップ

  • 薬の相談窓口
    お気軽にご相談ください(24時間受付)
  • 月刊水泳
  • ニチレイチャレンジ泳力検定
  • スイムレコードモバイル
  • 水泳ニッポン・中期計画2017-2024
  • 危機管理マニュアル
  • 水泳の日

日本代表公式サイト

  • トビウオジャパンブログ
  • 翼ジャパンブログ
  • ポセイドンジャパン
  • マーメイド日記
  • FINA
  • ASIA Swimming Federation
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • スポーツくじ toto BIG
  • センターポールに日の丸を〜先輩たちからの言葉〜
  • 2020年を未来が記憶する素晴らしい年にしよう
  • JAPAN SPORT
    本連盟の強化事業は、独立行政法人日本スポーツ振興センター競技力向上事業助成金を受けて実施されています
  • 資料・各種申請書
  • 日本水泳連盟 旧サイト
  • OWSエントリー

ページトップ