トピックス

トピックス詳細

世界水泳選手権・ユニバーシアード競技大会の代表が決定

2019年04月09日

[競泳]
4月2〜8日の日程で行われていた、第95回日本選手権水泳競技大会 競泳競技。代表権争いを勝ち抜き、夏の世界水泳選手権(韓国・光州)、そしてユニバーシアード競技大会の日本代表選手の発表記者会見が、4月9日に行われた。

平井伯昌日本代表監督から、世界水泳選手権には男子10人、女子7人の合計17人が、ユニバーシアード競技大会には男子18人、女子14人の合計32人がそれぞれ選出されたことが発表された。

その後の記者会見に出席したのは、世界水泳選手権の代表の座を射とめた7人の選手たち。男子は入江陵介(イトマン東進)、瀬戸大也(ANA/JSS毛呂山)、松元克央(セントラルスポーツ)、渡辺一平(TOYOTA)、水沼尚輝(新潟医療福祉大職員)の5人、女子は大橋悠依(イトマン東進)と長谷川涼香(東京ドーム/日本大学)の2人。

それぞれ世界水泳選手権に向けた抱負を報道陣に対して語られた。

「世界のレベルは上がっていますから、日本選手権の弱い部分、課題は浮き彫りになったので、自分のレベルを上げるためにこれからも頑張っていきたい」(入江)

「トレーニング自体は良い感じで積めているので、日本選手権で見えた課題に取り組んで、さらに強化して世界水泳に臨みたい」(瀬戸)

「日本選手権では100m、200m自由形の両方で自己ベストが出せました。でもまだ世界には届かないので、もっと練習して、メダルを目標に頑張っていく」(松元)

「悔しいレースもあった日本選手権でしたが、世界水泳では、200mでしっかりと世界記録を更新して、優勝を果たして、2020年につなげたい」(渡辺)

「偉大な先輩たちと一緒に世界水泳に挑めるということで、とてもワクワクしています。世界水泳ではまたベストを出せるように頑張りたい」(水沼)

「今年は、2年前の自分を超えられるチャンスだと思っています。200m、400m個人メドレーの両方で自己ベストを更新してメダルを獲得したい」(大橋)

「日本選手権では前向きなスタートが切れたと思います。2年前の世界水泳では2分07秒で終わってしまったので、今年は2分05秒台を目指して頑張っていきたい」(長谷川)

そして、平井監督もチームとしての抱負を語った。

「4年前のカザンで行われた世界水泳では、3つの金メダルを獲得できました。今回、現在決定している選手のなかには、短水路と長水路の世界記録保持者がいます。メダルはもちろんですが、世界一を目指してチーム一丸となって戦っていきたいと思います」(平井監督)

※日本代表選手メンバーは以下のリンクから参照

  • スタートの段階指導
  • 水泳の日 2019
  • 世界水泳メダリスト集結
  • 速報サービス・リザルトRESULTS
  • 競技結果検索
  • 競技者登録・エントリー
  • リザルトシステム・記録証システム・賞状システム

ピックアップ

  • 薬の相談窓口
    お気軽にご相談ください(24時間受付)
  • 月刊水泳
  • ニチレイチャレンジ泳力検定
  • スイムレコードモバイル
  • 水泳ニッポン・中期計画2017-2024
  • 危機管理マニュアル
  • 水泳の日

日本代表公式サイト

  • トビウオジャパンブログ
  • 翼ジャパンブログ
  • ポセイドンジャパン
  • マーメイド日記
  • FINA
  • ASIA Swimming Federation
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • スポーツくじ toto BIG
  • センターポールに日の丸を〜先輩たちからの言葉〜
  • 2020年を未来が記憶する素晴らしい年にしよう
  • JAPAN SPORT
    本連盟の強化事業は、独立行政法人日本スポーツ振興センター競技力向上事業助成金を受けて実施されています
  • 資料・各種申請書
  • 日本水泳連盟 旧サイト
  • OWSエントリー

ページトップ