トピックス

トピックス詳細

大橋が好タイムで400mを制する <ジャパンオープン2019>

2019年05月31日

[競泳]2日目(東京・辰巳)
東京辰巳国際水泳場を舞台に行われているジャパンオープン2019の2日目。チームJAPANの力通りの活躍を見せた。

女子400m個人メドレーは、チームJAPANの大橋悠依がバタフライから抜け出し、背泳ぎ、平泳ぎ、そして最後の自由形まで終始トップを譲ることなく優勝。タイムも4分33秒81と、トレーニング期ながら好タイムをマークした。

「平泳ぎ、自由形のラップタイムは結構良かったので、今の力は出し切ることができたと思います。ここで33秒台を出せたことは夏の世界選手権につながると思います」(大橋)

リレーの派遣が懸かる男女の200m自由形。
女子は白井璃緒(JAPAN)が前半から積極的に攻める展開を見せる。100mを56秒台で折り返すと、後半も粘りの泳ぎを見せて1分57秒06で日本選手権に続いて優勝を果たした。

2位には同じチームJAPANの五十嵐千尋が1分57秒91で入り、そして3位に入った青木智美(あいおいニッセイ/ATSC.YW)が1分58秒03をマークし、リレーの派遣標準記録を突破した。

「56秒台を狙っていたので、それが出せなかったのは悔しいですが、それでも自己ベストを更新できて良かったです」(白井)

男子は世界選手権でやろうとしているレース展開を「世界選手権のシミュレーション」として実行した松元克央(JAPAN)が、1分46秒62で優勝。2位には江原騎士(自衛隊/フィッツ竜王)が入ったが、1分47秒88とリレーの派遣標準記録を切ることはできなかった。

「世界選手権につながるレースができたと思います。今年はしっかり僕自身を強化して、世界のメダルに近づけるようにしたい」(松元)

男子50m平泳ぎの予選では、近江ハリー(大町SS)が27秒54の日本高校新記録をマークした。

※写真1:終始リードを守り続けた大橋
※写真2:女子200m自由形は3位の青木がリレーの派遣標準記録を突破
※写真3:安定して好タイムをマークし続けている松元

  • スタートの段階指導
  • 日本選手権飛込
  • 世界水泳2021
  • 速報サービス・リザルトRESULTS
  • 競技結果検索
  • 競技者登録・エントリー
  • リザルトシステム・記録証システム・賞状システム

ピックアップ

  • 薬の相談窓口
    お気軽にご相談ください(24時間受付)
  • FINA 世界水泳 FUKUOKA 2021
  • ニチレイチャレンジ泳力検定
  • スイムレコードモバイル
  • 水泳ニッポン・中期計画2017-2024
  • 危機管理マニュアル
  • 水泳の日
  • 月刊水泳

日本代表公式サイト

  • トビウオジャパンブログ
  • 翼ジャパンブログ
  • ポセイドンジャパン
  • マーメイド日記
  • FINA
  • ASIA Swimming Federation
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • スポーツくじ toto BIG
  • センターポールに日の丸を〜先輩たちからの言葉〜
  • 2020年を未来が記憶する素晴らしい年にしよう
  • JAPAN SPORT
    本連盟の強化事業は、独立行政法人日本スポーツ振興センター競技力向上事業助成金を受けて実施されています
  • 資料・各種申請書
  • 日本水泳連盟 旧サイト
  • OWSエントリー

ページトップ