トピックス
  • トップ
  • トピックス
  • バタフライで幌村、自由形で竹田がそれぞれ金メダルを獲得 <FINAスイミングワールドカップ in 東京>

トピックス詳細

バタフライで幌村、自由形で竹田がそれぞれ金メダルを獲得 <FINAスイミングワールドカップ in 東京>

2019年08月03日

[競泳]2日目
熱戦が続くFINAスイミングワールドカップ東京大会も2日目。ハイレベルな争いが続くなか、日本人選手たちも奮起する。

男子200mバタフライ決勝では、前半から攻める梅本雅之(レッドクイーン)と幌村尚(早稲田大学)。ラスト50mでするすると前に出て優勝を果たしたのは、幌村だった。記録も1分55秒25と「ここ最近ではいちばん速いタイムなので」と納得の表情だった。

「フラットな良いフォームで泳ぐことを心がけて練習してきました。まだレースは続くので、少しずつタイムを伸ばしていければと思います」(幌村)

男子1500m自由形では、竹田涉瑚(オーエンス)が400mまではハイペースを守るも徐々にペースが落ちていく。だが、それでも粘りを見せて大崩れはせずにフィニッシュした竹田は15分07秒05で優勝を果たした。

女子100m平泳ぎでは、200mに続く2冠目を獲得したTatjana SCHOENMAKER(南アフリカ)に次いで、寺村美穂(セントラルスポーツ)が1分06秒77の自己ベストで銀メダルを獲得した。

女子400m個人メドレーでは大橋悠依(イトマン東進)が4分34秒27で銀メダルを獲得。銅メダルを獲得したのは、女子200m自由形の池本凪沙(コパン宇治)と男子200m個人メドレーの萩野公介(ブリヂストン)、男子50m平泳ぎの小関也朱篤(日本)、女子50mバタフライの平山友貴奈(茨城県境気対策本部)の4人だった。

※写真1:後半の強さを見せた幌村は200mバタフライで金メダル
※写真2:1500m自由形で前半から良いペースを刻み続けた竹田
※写真3:100m平泳ぎで自己ベストをマークして銀メダルを手にした寺村

  • スタートの段階指導
  • 日本選手権飛込
  • 世界水泳2021
  • 速報サービス・リザルトRESULTS
  • 競技結果検索
  • 競技者登録・エントリー
  • リザルトシステム・記録証システム・賞状システム

ピックアップ

  • 薬の相談窓口
    お気軽にご相談ください(24時間受付)
  • FINA 世界水泳 FUKUOKA 2021
  • ニチレイチャレンジ泳力検定
  • スイムレコードモバイル
  • 水泳ニッポン・中期計画2017-2024
  • 危機管理マニュアル
  • 水泳の日
  • 月刊水泳

日本代表公式サイト

  • トビウオジャパンブログ
  • 翼ジャパンブログ
  • ポセイドンジャパン
  • マーメイド日記
  • FINA
  • ASIA Swimming Federation
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • スポーツくじ toto BIG
  • センターポールに日の丸を〜先輩たちからの言葉〜
  • 2020年を未来が記憶する素晴らしい年にしよう
  • JAPAN SPORT
    本連盟の強化事業は、独立行政法人日本スポーツ振興センター競技力向上事業助成金を受けて実施されています
  • 資料・各種申請書
  • 日本水泳連盟 旧サイト
  • OWSエントリー

ページトップ