トピックス
  • トップ
  • トピックス
  • 初日から4種目で日本新記録が誕生 <第61回日本選手権(25m)水泳競技大会>

トピックス詳細

初日から4種目で日本新記録が誕生 <第61回日本選手権(25m)水泳競技大会>

2019年10月26日

短水路で行われる日本一決定戦、第61回日本選手権(25m)水泳競技大会が開幕。その初日から好記録を連発する活躍を選手たちは見せてくれた。

「世界記録を狙う」とレース前から公言していた瀬戸大也(ANA/JSS毛呂山)は、男子400m個人メドレーで前半から快調に飛ばす。バタフライは52秒63で入ると、平泳ぎが終わった時点で日本記録を0秒5上回る、2分59秒43で最後の自由形へ。疲れが見えたところでも粘った瀬戸は、ラストの自由形を56秒10でカバー。3分55秒53で自身が持つ日本記録を5年ぶりに更新して優勝を果たした。

「世界記録まであと100分の3秒だったのは本当に悔しいです。でも自己ベストでしたし、良い練習ができていることは確か。世界記録は出したかったですけど、まだまだ頑張れって神様が言っているんだと思います」(瀬戸)

予選から日本記録を更新していた松井浩亮(新潟医療福祉大学職員)は、決勝でもさらに記録を更新。得意のスタートから一気に身体半分のリードを奪うと、後半にそのリードをさらに広げるようにしてフィニッシュ。一気に21秒の壁を突破する、20秒95の日本新記録で優勝を飾った。

「20秒台を狙っていたので、その記録が出せてうれしいです。短水路は得意なので、ここで良い結果を出して、それを長水路のレースにつなげたいと思います」(松井)

この日は、あと2つの日本新記録が誕生している。

ひとつは男子100m平泳ぎの小関也朱篤(ミキハウス)。スタート直後に「足がつった」という状況ながら、56秒11で自身の記録を更新。さらに男子200m自由形では、今年の世界選手権(韓国・光州)で銀メダルを獲得した松元克央(セントラルスポーツ)が1分42秒41の日本新記録で優勝を果たした。

※写真1:世界記録まであと100分の3秒に迫る好記録をマークした瀬戸
※写真2:松井は21秒の壁を突破。長水路でも好記録に期待
※写真3:小関はアクシデントがありながらも自身の記録を更新

  • スタートの段階指導
  • 世界水泳2021
  • 速報サービス・リザルトRESULTS
  • 競技結果検索
  • 競技者登録・エントリー
  • リザルトシステム・記録証システム・賞状システム

ピックアップ

  • 薬の相談窓口
    お気軽にご相談ください(24時間受付)
  • FINA 世界水泳 FUKUOKA 2021
  • ニチレイチャレンジ泳力検定
  • スイムレコードモバイル
  • 水泳ニッポン・中期計画2017-2024
  • 危機管理マニュアル
  • 水泳の日
  • 月刊水泳

日本代表公式サイト

  • トビウオジャパンブログ
  • 翼ジャパンブログ
  • ポセイドンジャパン
  • マーメイド日記
  • FINA
  • ASIA Swimming Federation
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • スポーツくじ toto BIG
  • センターポールに日の丸を〜先輩たちからの言葉〜
  • 2020年を未来が記憶する素晴らしい年にしよう
  • JAPAN SPORT
    本連盟の強化事業は、独立行政法人日本スポーツ振興センター競技力向上事業助成金を受けて実施されています
  • 資料・各種申請書
  • 日本水泳連盟 旧サイト
  • OWSエントリー

ページトップ