トピックス

トピックス詳細

18歳の佐藤がQueen of Elementsに輝く <ナショナルトライアル2020>

2020年01月26日

第23回13〜15歳ソロ・デュエット大会に続いて、同じ神奈川県・横浜国際プールでアーティスティックスイミングの、ナショナルトライアル2020が行われた。

この大会は、ソロ、デュエット、チームのテクニカルルーティンにおける規定要素を個別に一人ずつ行い、個別に採点する。それぞれ5つの規定要素(エレメンツ)から4つのエレメンツを抽選で選出。その合計得点で順位を決めていく。

そして、ソロ、デュエット、チームのすべてに出場した選手のなかで、合計得点が最も高かった選手には『Queen of Elements』が贈られる。

誰が勝ってもおかしくない、という今大会。出場選手たちの実力も非常にハイレベルで、各種目で上位にくる選手ががらっと変わるという展開となった。

ソロ規定要素は佐藤友花(ジョイフルAC)と青山優奈(AS広島)の二人が接戦に。結果、佐藤が0.4741差の76.8168を獲得して青山に勝利した。

デュエット規定要素では、ソロとは逆に74.0625を獲得した青山が、佐藤に0.0603という僅差で勝利。

そしてチームの規定要素は、井村ASCの細川朝香が74.8101を獲得してトップに。佐藤は74.7188の2位、3位には青山が73.8654で入った。

それぞれ優勝者が異なるなか、『Queen of Elements』を手にしたのはソロを制し、デュエット、チームでも手堅く2位を獲得した佐藤だった。

※写真1:Queen of Elementsに輝いたのはソロで優勝した佐藤
※写真2:デュエットはAS広島の青山がトップ
※写真3:細川はチームの規定要素でトップを獲得した

  • スタートの段階指導
  • 世界水泳2022
  • 速報サービス・リザルトRESULTS
  • 競技結果検索
  • 競技者登録・エントリー
  • リザルトシステム・記録証システム・賞状システム

ピックアップ

  • 薬の相談窓口
    お気軽にご相談ください(24時間受付)
  • FINA 世界水泳 FUKUOKA 2022
  • ニチレイチャレンジ泳力検定
  • スイムレコードモバイル
  • 水泳ニッポン・中期計画2017-2024
  • 危機管理マニュアル
  • 水泳の日
  • 月刊水泳

日本代表公式サイト

  • トビウオジャパンブログ
  • 翼ジャパンブログ
  • ポセイドンジャパン
  • マーメイド日記
  • FINA
  • ASIA Swimming Federation
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • スポーツくじ toto BIG
  • センターポールに日の丸を〜先輩たちからの言葉〜
  • 2020年を未来が記憶する素晴らしい年にしよう
  • JAPAN SPORT
    本連盟の強化事業は、独立行政法人日本スポーツ振興センター競技力向上事業助成金を受けて実施されています
  • 資料・各種申請書
  • 日本水泳連盟 旧サイト
  • OWSエントリー

ページトップ