トピックス
  • トップ
  • トピックス
  • 水球は日体大が男女アベック優勝。ASは国士館大が3連覇<第96回日本学生選手権水泳競技大会>

トピックス詳細

水球は日体大が男女アベック優勝。ASは国士館大が3連覇<第96回日本学生選手権水泳競技大会>

2020年09月19日

神奈川県の横浜国際プールで、最終日として水球の男女決勝、3位決定戦と、アーティスティックスイミングのソロ、デュエット、チーム決勝が行われた。

水球男子では、23連覇を目指す日本体育大が速い切り返しで終始筑波大を圧倒し、16-9で通算44回目の優勝を飾り、女子でも日本体育大のプレスディフェンスが有効に働いて東京女子体育大の攻撃のリズムを崩し、11-7で2年連続3回目の優勝を飾った。
3位決定戦は、男子が早稲田大、女子が秀明大がそれぞれ勝った。

日体大・コップ晴紀主将「コロナ禍で十分な練習ができなかった中で結果を出せたことはよかった。ただ、守備の連係など課題も残ったので、日本選手権に向けてもう一度引き締めて臨みたい」

日体大・宮本好花主将「仲間を信じて戦いました。外周はプレス、中に入ったら下がるという作戦がうまくいきました。めちゃめちゃ泳ぐ練習があったので、勝ててうれしい」

ASでは、ソロで近畿大の安永真白が、デュエットで早稲田大の吉田理恵・田中美羽が、チームは唯一参加の国士館大がそれぞれ優勝。学校対抗では国士館大が3連覇を飾った。

国士館大・山下瑛理香主将「このメンバーで心から楽しんで泳げたのでうれしいです。これで引退ですが、悔いなく泳ぎ切ることができました」



写真1:水球男子優勝の日体大

写真2:水球女子優勝の日体大

写真3:AS優勝の国士舘大学

  • スタートの段階指導
  • 世界水泳2022
  • 速報サービス・リザルトRESULTS
  • 競技結果検索
  • 競技者登録・エントリー
  • リザルトシステム・記録証システム・賞状システム

ピックアップ

  • 薬の相談窓口
    お気軽にご相談ください(24時間受付)
  • FINA 世界水泳 FUKUOKA 2022
  • ニチレイチャレンジ泳力検定
  • スイムレコードモバイル
  • 水泳ニッポン・中期計画2017-2024
  • 危機管理マニュアル
  • 水泳の日
  • 月刊水泳

日本代表公式サイト

  • トビウオジャパンブログ
  • 翼ジャパンブログ
  • ポセイドンジャパン
  • マーメイド日記
  • FINA
  • ASIA Swimming Federation
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • スポーツくじ toto BIG
  • センターポールに日の丸を〜先輩たちからの言葉〜
  • 2020年を未来が記憶する素晴らしい年にしよう
  • JAPAN SPORT
    本連盟の強化事業は、独立行政法人日本スポーツ振興センター競技力向上事業助成金を受けて実施されています
  • 資料・各種申請書
  • 日本水泳連盟 旧サイト
  • OWSエントリー

ページトップ