トピックス
  • トップ
  • トピックス
  • 池江が100mバタフライで日本新記録をマークして優勝!<FINAスイミングワールドカップ2018東京大会>

トピックス詳細

池江が100mバタフライで日本新記録をマークして優勝!<FINAスイミングワールドカップ2018東京大会>

2018年11月12日

[競泳]最終日(11月11日、東京辰巳国際水泳場)

 男女12種目の決勝などが行われた。

 女子100mバタフライは、池江璃花子(ルネサンス)と世界記録保持者サラ・ショーストロム(スウェーデン)の対決となり、前半リードしていたショーストロムを池江が75mでとらえて逆転。0秒25差をつけて優勝するとともに、自己の持つ記録を0秒35更新する55秒31の短水路日本新記録をマークした。
「まさか勝てるとは思わなかったので、びっくりしました。(ショーストロムが)連戦で疲れていたのかもしれませんが、最後までテンポを落とせないと思って泳いで、結果がついてきました」(池江)

 女子200m個人メドレーに出場した大橋悠依(イトマン東進)も、女王カティンカ・ホッスー(ハンガリー)と熱戦を展開。0秒64及ばなかったものの、2分5秒29の短水路日本新記録をマークして銀メダルを獲得した。
「日本新記録が出るとは思っていなかったのでうれしい。あこがれであり目標でもあるホッスー選手に勝てるかなと思いましたが、やっぱり強かった。でも、力がついてきていると思うので、オリンピックでは勝ちたい」(大橋)

 男子400m個人メドレーでは萩野公介(ブリヂストン)が4分1秒92で優勝。女子800m自由形でも後藤真由子(Jaked/神奈川大SC)が8分19秒74で金メダルを獲得した。

 大会3日間を通じて、短水路日本新記録3つが誕生した。

※写真1:日本新と高校新の2つの新記録証を手に笑顔を見せる池江
※写真2:2位の大橋はホッスーと健闘を祝した
※写真3:400m個人メドレーを制した萩野

  • 飛び込みの段階指導
  • 受動喫煙防止
  • 速報サービス・リザルトRESULTS
  • 競技結果検索
  • 競技者登録・エントリー
  • リザルトシステム・記録証システム・賞状システム

ピックアップ

  • 薬の相談窓口
    お気軽にご相談ください(24時間受付)
  • 月刊水泳
  • ニチレイチャレンジ泳力検定
  • スイムレコードモバイル
  • 水泳ニッポン・中期計画2017-2024
  • 危機管理マニュアル
  • 水泳の日

日本代表公式サイト

  • トビウオジャパンブログ
  • 翼ジャパンブログ
  • ポセイドンジャパン
  • マーメイド日記
  • FINA
  • ASIA Swimming Federation
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • スポーツくじ toto BIG
  • センターポールに日の丸を〜先輩たちからの言葉〜
  • 2020年を未来が記憶する素晴らしい年にしよう
  • JAPAN SPORT
    本連盟の強化事業は、独立行政法人日本スポーツ振興センター競技力向上事業助成金を受けて実施されています
  • 資料・各種申請書
  • 日本水泳連盟 旧サイト
  • OWSエントリー

ページトップ