トピックス
  • トップ
  • トピックス
  • 乾・吉田ペアが中国を抑えて価値ある「銀」<ASワールドシリーズ/第95回日本選手権>

トピックス詳細

乾・吉田ペアが中国を抑えて価値ある「銀」<ASワールドシリーズ/第95回日本選手権>

2019年04月29日

アーティスティックスイミングのFINA AS ワールドシリーズ・ジャパンオープン/第95回日本選手権第2日は28日、東京辰巳国際水泳場でワールドシリーズのチーム・フリー、デュエット・フリー、ミックスデュエット・フリーの3種目などが行われた。

デュエット・フリーには、ロシアのロマーシナペア、中国の蒋双子ペア、スペインのカルボネルペアら、世界大会のメダル獲得者が登場し、ハイレベルな争いが繰り広げられた。日本代表の乾友紀子・吉田萌は昨年から引き続き使用し、ブラッシュアップを重ねてきた「タイムリープ」で94.2000点をマーク。中国ペアを僅差ながらも抑え、世界選手権へはずみのつく2位となった。

日本チームはチーム・テクニカルから選手2人を入れかえて登場。初お目見えとなる新作「IYO!! ~ 祝おう! ~ (東京は今日もお祭り騒ぎ)」を披露し、日本の祭りをテーマにしたノリの良い演目で93.0333点を獲得して優勝した。

ミックスデュエット・フリーには足立夢実・安部篤史のシニア代表ペアと宮内花菜・岩崎尽真のジュニア代表ペアが登場し、足立・安部ペアは「Tarzan & Jane Jungle」をテーマとしたオリジナリティあふれる演技で89.8333点を獲得して3位となった。

日本選手権はチーム・フリー、デュエット・フリーが行われた。
チーム・フリーは井村ASC Aチームが85.5000点でチーム・テクニカルに続いて制した。デュエット・フリーは澤田眞夏・吉田理恵ペア(東京ASC)が84.5333点を獲得し、テクニカルの雪辱を果たした。

※写真1:乾・吉田ペアは迫力のある演技で銀メダルを獲得
※写真2:2人を笑顔で祝福する井村コーチ
※写真3:新テーマを披露してチーム優勝したマーメイドジャパン

  • スタートの段階指導
  • JAPEN OPEN 2019東京
  • 水泳の日 2019
  • 速報サービス・リザルトRESULTS
  • 競技結果検索
  • 競技者登録・エントリー
  • リザルトシステム・記録証システム・賞状システム

ピックアップ

  • 薬の相談窓口
    お気軽にご相談ください(24時間受付)
  • 月刊水泳
  • ニチレイチャレンジ泳力検定
  • スイムレコードモバイル
  • 水泳ニッポン・中期計画2017-2024
  • 危機管理マニュアル
  • 水泳の日

日本代表公式サイト

  • トビウオジャパンブログ
  • 翼ジャパンブログ
  • ポセイドンジャパン
  • マーメイド日記
  • FINA
  • ASIA Swimming Federation
  • 日本アンチ・ドーピング機構
  • スポーツくじ toto BIG
  • センターポールに日の丸を〜先輩たちからの言葉〜
  • 2020年を未来が記憶する素晴らしい年にしよう
  • JAPAN SPORT
    本連盟の強化事業は、独立行政法人日本スポーツ振興センター競技力向上事業助成金を受けて実施されています
  • 資料・各種申請書
  • 日本水泳連盟 旧サイト
  • OWSエントリー

ページトップ